上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 インド人の数学能力の高さに驚きの目が集まっているのは、インド人学校の子どもたちなどが、ケタ数の多い数字の計算をいとも簡単に暗算で解いてしまうからだそうだ。

今では学齢期の子どもをわざわざインド人学校に国内留学させる親までいるという。 

これは、そんなインド式算術の基礎を説く実用的ガイドです。

古代インドの聖典から導いた魔法のような速算術。
時間のかかる計算も、インド式の計算術を使えば、あっという間に解けてしまいます。
知れば知るほどオモシロイインド数学の世界。

 2ケタの暗算ができるようになると、3ケタ以上の計算も速くなります!!私たち日本人は、1ケタの暗算と筆算で計算しています。

 しかし、2ケタを暗算し、それに適した筆算方法を用いれば、計算はもっと速くなります。

 本書は、インド人にも負けない計算力を身につけます。

 どうなっているんだ!?という疑問は本書を読んでもらうとして、これを繰り返し練習すると受験期の子どもにも「すげえ」といわせられそうだ。

終章の平方根・立方根にたどりつくには、割り算の完全マスターが必要。ハマれば、テレビゲームより面白いかも。



















スポンサーサイト

トラックバック

http://sizutyan2005.blog66.fc2.com/tb.php/106-1f5a04c6

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。